美容外科という選択肢もある

美容外科も、看護師資格を持っていれば、就職することができます。美容外科での施術は、脱毛やピーリングなど、比較的簡単なものが多く、看護師としての基本的なスキルさえあれば、採用されやすい職場となっています。脂肪吸引などの外科手術を行う美容外科の場合は、オペに立ち会った経験がある方が有利でしょう。美容外科で働くメリットとして、施術が割引価格で受けられる、というものがあります。美容外科で働く看護師さんは、きれいでなければ説得力がありません。ですので、お客さんとの契約に結び付くよう、ある種広告塔として従業員に割安で施術を受けてもらう、という美容外科が多くあります。割安でプロの施術を受けられるので、こんなに嬉しいことはありません。また、きれいな場所で仕事ができるというのもメリットです。病院の雑然とした感じとは異なり、美容外科は、モデルルームのような雰囲気のところが多くあります。働く場所がきれいだと精神的な安定にもつながりますし、仕事が楽しくなります。

しかし、メリットがある一方、美容外科での勤務にはデメリットもあります。例えばノルマです。美容外科に勤めている看護師には、月ごとの営業ノルマがある場合が多く、それをストレスに感じてしまう方もいるようです。例えば、成約した件数や金額、商品の販売ノルマなどがあります。このように、病院で働くのとは違った苦労もあるので、美容外科での就職を考える際は、事前によくクリニックの情報を調べてみることをおすすめします。

□推奨サイト□
美容外科求人ガイド/内定率85%|美容外科・美容皮膚科転職サポート

Pocket