美容外科という選択肢もある

美容外科も、看護師資格を持っていれば、就職することができます。美容外科での施術は、脱毛やピーリングなど、比較的簡単なものが多く、看護師としての基本的なスキルさえあれば、採用されやすい職場となっています。脂肪吸引などの外科手術を行う美容外科の場合は、オペに立ち会った経験がある方が有利でしょう。美容外科で働くメリットとして、施術が割引価格で受けられる、というものがあります。美容外科で働く看護師さんは、きれいでなければ説得力がありません。ですので、お客さんとの契約に結び付くよう、ある種広告塔として従業員に割安で施術を受けてもらう、という美容外科が多くあります。割安でプロの施術を受けられるので、こんなに嬉しいことはありません。また、きれいな場所で仕事ができるというのもメリットです。病院の雑然とした感じとは異なり、美容外科は、モデルルームのような雰囲気のところが多くあります。働く場所がきれいだと精神的な安定にもつながりますし、仕事が楽しくなります。

しかし、メリットがある一方、美容外科での勤務にはデメリットもあります。例えばノルマです。美容外科に勤めている看護師には、月ごとの営業ノルマがある場合が多く、それをストレスに感じてしまう方もいるようです。例えば、成約した件数や金額、商品の販売ノルマなどがあります。このように、病院で働くのとは違った苦労もあるので、美容外科での就職を考える際は、事前によくクリニックの情報を調べてみることをおすすめします。

□推奨サイト□
美容外科求人ガイド/内定率85%|美容外科・美容皮膚科転職サポート

Pocket

産業看護師という職業

産業看護師とは、一般企業に勤める看護師のことです。その企業につとめる従業員の健康を管理したり、健康診断のデータの管理などを行っていたりします。産業看護師として働くメリットとして、まず福利厚生が挙げられます。産業看護師を採用している企業は、比較的大きな企業が多く、好条件の待遇が得られることが多くあるのです。それに、デスクワークがメインになりますから、病院で働く場合と異なり、体力的な負担を軽減させることもできます。加えて、強い緊張感を伴わない、というのもメリットです。病院で勤める場合、医療処置を施す機会が多く、失敗してはいけないという常に緊張感することになります。しかし、一般企業で働く場合、医療処置をする機会は少なく、そのように神経を張り詰めている必要がないのです。

産業看護師としての勤務にも、もちろんデメリットはあります。たとえば収入です。2012年、日本看護協会の調査によると、病院勤務をしている看護師の平均年収は、519万円となり、サラリーマンの平均年収を上回るものとなっています。しかし、産業看護師として、一般企業に務めた場合、給料面ではこれに劣っているようです。産業看護師は、夜勤がないため、病院勤務ではあるはずの夜勤手当などをもらうことができません。そのため、病院勤務の場合よりも収入が減ってしまうのです。

Pocket

保育園でも看護師の求人がある

看護師資格を取得した方の病院以外の就職先として、まず保育園が挙げられます。保育園といえば、就職するのは保育士さんのはずですが、0歳や1歳児のいる保育園では、看護師の求人をしているところもあるのです。業務内容として、基本的には保育士さんと同じで、園児たちの保育をすることになります。病院で勤務をするのとは違い、手術があるわけでもなく、急患の患者が運ばれてくるわけでもありません。しかし、0~1歳児の場合、思わぬケガをしたり、急に体の具合が悪くなってしまうこともあります。その場合に看護師資格を持っている人間が一人いれば、素早く対処をすることができるのです。ちなみに東京都の場合、0歳児を扱う保育園では、必ず一人以上看護師資格を持った者を配置しなければならないことが、条例で定められています。

保育園で働くことの大きなメリットは、やはり夜勤がないことです。病院で働く場合、勤務は基本的にシフト制で、日勤、夜勤など勤務時間が安定せず、体力を消耗してしまうことが多くあります。その点、保育園での勤務は、稼働時間が決まっていますし、落ち着いて生活のリズムを作ることができます。

しかし、保育園勤務にはデメリットもあります。病院では背負わないような大きな責任を抱えなければならないのです。園児のたくさんいる保育園において、園児の健康を管理するのは看護師しかいません。保育士さんも園児の健康管理は行いますが、最終的な判断を迫られるのは看護師です。なので、もちろん保護者への説明責任も求められます。そのようなプレッシャーの耐えなければならないのが、保育園勤務のデメリットです。

Pocket

看護師の就職先は病院だけじゃない

新卒の大学生でも、なかなか就職先を見つけることは難しい状況にある、我が国の就職状況において、看護師の就職率はとても高いものとなっています。その数字はほぼ100パーセントと言われており、看護師資格さえ取ってしまえば、就職に困るということはまずないでしょう。それに、一般企業に就職しようとする場合と異なり、ある程度自分で就職先を選ぶことができるほどです。しかし、それだけに、安易に就職先を決めてしまうのではなく、自分に合った場所をしっかりと選ぶことが必要になります。

もちろん、看護師の主な就職先は病院です。看護学校に通う学生の多くが、病院での勤務を考えていることでしょう。しかし、看護師の資格を持つ方が活躍できる場所は、なにも病院だけではないのです。例えば、保育園です。意外なことに、保育士以外にも看護師の資格を持った人を雇用している保育園も存在します。

それ以外にも、珍しい就職先として、産業保育士が挙げられます。産業保育士とは、一般企業の勤める看護師のことで、その企業に勤める従業員の健康管理などを行っています。

また、美容外科への就職も選択肢の一つです。美容外科は、病院勤務と異なり、夜勤がない、肉体的に仕事が楽、などのメリットがあります。しかしその反面、さまざまなデメリットも存在するのです。仕事が選べる分、就職先のメリット、デメリットなどの情報収集は必ずしておきたいものです。今回は看護師の、病院以外の就職先に関する知識をご紹介します。

Pocket