保育園でも看護師の求人がある

看護師資格を取得した方の病院以外の就職先として、まず保育園が挙げられます。保育園といえば、就職するのは保育士さんのはずですが、0歳や1歳児のいる保育園では、看護師の求人をしているところもあるのです。業務内容として、基本的には保育士さんと同じで、園児たちの保育をすることになります。病院で勤務をするのとは違い、手術があるわけでもなく、急患の患者が運ばれてくるわけでもありません。しかし、0~1歳児の場合、思わぬケガをしたり、急に体の具合が悪くなってしまうこともあります。その場合に看護師資格を持っている人間が一人いれば、素早く対処をすることができるのです。ちなみに東京都の場合、0歳児を扱う保育園では、必ず一人以上看護師資格を持った者を配置しなければならないことが、条例で定められています。

保育園で働くことの大きなメリットは、やはり夜勤がないことです。病院で働く場合、勤務は基本的にシフト制で、日勤、夜勤など勤務時間が安定せず、体力を消耗してしまうことが多くあります。その点、保育園での勤務は、稼働時間が決まっていますし、落ち着いて生活のリズムを作ることができます。

しかし、保育園勤務にはデメリットもあります。病院では背負わないような大きな責任を抱えなければならないのです。園児のたくさんいる保育園において、園児の健康を管理するのは看護師しかいません。保育士さんも園児の健康管理は行いますが、最終的な判断を迫られるのは看護師です。なので、もちろん保護者への説明責任も求められます。そのようなプレッシャーの耐えなければならないのが、保育園勤務のデメリットです。

Pocket