看護師の就職先は病院だけじゃない

新卒の大学生でも、なかなか就職先を見つけることは難しい状況にある、我が国の就職状況において、看護師の就職率はとても高いものとなっています。その数字はほぼ100パーセントと言われており、看護師資格さえ取ってしまえば、就職に困るということはまずないでしょう。それに、一般企業に就職しようとする場合と異なり、ある程度自分で就職先を選ぶことができるほどです。しかし、それだけに、安易に就職先を決めてしまうのではなく、自分に合った場所をしっかりと選ぶことが必要になります。

もちろん、看護師の主な就職先は病院です。看護学校に通う学生の多くが、病院での勤務を考えていることでしょう。しかし、看護師の資格を持つ方が活躍できる場所は、なにも病院だけではないのです。例えば、保育園です。意外なことに、保育士以外にも看護師の資格を持った人を雇用している保育園も存在します。

それ以外にも、珍しい就職先として、産業保育士が挙げられます。産業保育士とは、一般企業の勤める看護師のことで、その企業に勤める従業員の健康管理などを行っています。

また、美容外科への就職も選択肢の一つです。美容外科は、病院勤務と異なり、夜勤がない、肉体的に仕事が楽、などのメリットがあります。しかしその反面、さまざまなデメリットも存在するのです。仕事が選べる分、就職先のメリット、デメリットなどの情報収集は必ずしておきたいものです。今回は看護師の、病院以外の就職先に関する知識をご紹介します。

Pocket